血管若返りのためにはストレスをためない

血管の状態は、外から見ても良いか悪いか判断出来ないので、よっぽどのことが無いと普段気にもとめないことだとは思いますが、見た目がいくら若くても、血管は確実に老化が進んでいます。その老化が進む原因のひとつがストレスです。

ストレスも目には見えないものではありますが、確実に身体に悪影響を与えています。ストレスを感じると、身体が活発になる交感神経が優位になるため、血圧が上がります。また、ストレスによる不眠が続くと、副交感神経が優位になる時間が少なく、十分に身体がリラックス出来ないために疲れが取れにくくなり、血管に負担がかかる時間が長くなるために、血管の老朽化が急速に進んでしまいます。喫煙をする人であればなおさら血管が老朽化するので、結果的に血管に関わる病気を引き起こしてしまいます。

また、血管若返りはED防止にもなります。

ストレス社会の今、EDになりやすい男性が増えているのでストレスをためないことは色々な意味で大切なことになります。