血管若返りのために塩分を控えよう

血管若返りのために塩分を控えよう
高血圧や生活習慣病、脳卒中、心臓病など、血管や血液の質の悪さからくる病気はたくさんあります。

年齢を重ねるとともに、血管は錆びていき、血液はどろどろになってしまいます。それは今までの食習慣や悪い生活習慣の積み重ねによってそうなってしまいます。そんな血管年齢を若返らせるためには、塩分を控えた食事が有効です。もちろん身体にとって塩分は必要な栄養素なのですが、濃い味付けに慣れている人は塩分のとり過ぎだと言えます。塩分を取りすぎるとそれを薄めたり、外へ出そうと身体が水分を欲します。水分をとることで血液が増え、血管を通る血液の量が一定量を超えてしまうため、血管を押し広げながら通るので、血圧が上がり血管を痛めてしまうので、血管を若く保つには塩分か控えめな食事をとりましょう。