タマネギエキスが血管年齢を若返らせるって本当?

タマネギにの中には、血液をサラサラにする成分が含まれているといわれています。

これは、タマネギのなかに含まれるケルセチンという成分が、抗酸化作用があることが研究により分かっており、血液中の活性酸素を除去する働きがあります。血液中の活性酸素は血管の細胞を破壊したり傷めたりする、人にとって悪い影響を与えてしまい、血管を老朽化させてしまう原因のひとつなので、この活性酸素を除去することによって血管内皮機能が正常に働くようになったことから、血管年齢を若返らせるといわれています。ケルセチンは水溶性なので、摂取する際は水にさらさないでそのまま摂取することが望ましいです。ケルセチンの量は、1日に50mg程度、タマネギ半分から一個に含まれる量を摂取すると、効果が期待出来るようです。