高血圧と血管年齢の関係


年齢を重ねれば重ねるほど、高血圧症になるリスクは高くなっていってしまいます。それは血管も歳をとっていて、年齢とともに老朽化してしまうからです。ですが、血管年齢を若く保っていれば、高血圧症になるリスクも低くなります。ですが、血管は目に見えて老朽化しているわけではないですし、自覚症状がある訳でもないのでなかなか若い頃から血管を健康に保つような生活をできていないのが現状で、どんな病気でもそうですが、悪くなってから初めて改善しようと努力を始めるものです。定期的な健康診断を受けることが、身体の中身の健康を把握できるチャンスなので、ちょっと数値が悪かったり、医者から指摘があるようであればしっかりと生活を見つめ直して改善していくことが病気を予防するための手段のひとつとなります。